読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツ選手の横顔

スポーツで活躍している選手の横顔に迫ります

全英オープン2016最終日 詳細と優勝賞金

f:id:prosports:20160719123354p:plain
(画像:GDO)

始まりました。全英オープン2016最終日。ミケルソンとステンソンの一騎打ちの戦いとなりました。
今回はホールバイホールでお届けします。天候は曇り時々晴れ、風は5mくらいの海からの風といういいコンディションです。

No1 パー4
第一打 ミケルソン、アイアンでFWセンターに。ステンソン、アイアンでFW右サイド。
第二打 ミケルソン、ピン手前50センチにオン。ステンソン、ショート グリーン手前に。
第三打 ミケルソン 50センチを決めてバーディー。ステンソン ピン手前2m残しパーパットを外してボギー。
首位と2位が入れ替わる。

No2 パー4
第一打 ミケルソン、アイアンでFW左サイドに。ステンソン、アイアンでFWセンター。
第二打 ミケルソン、グリーンを大きく手前に外す。ステンソン、ピン左5mにオン。
第三打 ミケルソン、バンカー越えのアプローチショット、カップをなめてパー。
    ステンソン、5mを入れてバーディー。共に−12で首位に並ぶ。

No3 パー4
第一打 ミケルソン、アイアンで右のラフ。ステンソン アイアンでセンターへ。
第二打 ミケルソン、ピン右3mへオン。ステンソン ピン左7mにオン。
第三打 ミケルソン、外してパー。ステンソン 軽いフックラインを入れてバーディー。
首位ステンソン−13、2位ミケルソン−12。

No4 パー5
第一打 ミケルソン、ドライバーでFWセンターへ。ステンソン、スプーンでFWセンター。
第二打 ミケルソン、ナイスオン右奥3m。ステンソン 残242ヤードをグリーンぎりぎりまで。
第三打 ミケルソン、3mを決めてナイスイーグル。12年前の最終日と同じ4番でイーグルを取る。
    ステンソン、残20mを右1mに。第四打で入れてバーディー。
二人とも−14で首位に並ぶ。

No5 パー3 風が強くなってきました
第一打 ミケルソン、グリーンセンターへオン。ステンソン、グリーン手前に。
第二打 ミケルソン、カップ10センチショートでパー。
    ステンソン、オーバーするが残50センチを決めてパー。

No6 パー5
第一打 ミケルソン、アイアンでFWセンターに。ステンソン、ドライバーでFW右サイド。
第二打 ミケルソン、3WでFWセンターへ。 ステンソン、アイアンでFW右サイドへ。
第三打 アプローチ、ミケルソン手前から2バウンドでピン手前2mに。
          ステンソン奥からバックスピンでピン奥1mに。
第四打 共にバーディー。攻め方が両者で全く違うホールでした。
共にバーディーで−15、両者首位。

No7 パー4
第一打 ミケルソン、Dで右に外す。ステンソン、アイアンでFWセンターに。
第二打 ミケルソン、ラフからグリーン奥へ。ステンソン、ウエッジでフルスイングピン手前2m。
第三打 共に外してパー。

No8 パー3 名物ホール 
第一打 ミケルソン9番で、ピン左2mにオン。ステンソンPWで、ピン手前3mにオン。
第二打 ミケルソン惜しくも左へ外してパー。ステンソンナイスバーディー。
ステンソンのパットで飛行機が頭上を飛び爆音を響かせるが、物ともせずにバーディーだった。
ミケルソン、−15で2位。ステンソン、−16で首位。

No9 パー4
第一打 ミケルソン、アイアンでFWセンター。ステンソン、アイアンで右ラフ、ファーストカットへ。
第二打 ミケルソン、右手前3mにオン。ステンソン、7番アイアンでピン手前5mに。
第三打 ミケルソン、右に30センチ外してパー。ステンソン、右に1m外してパー。

No10 パー4
第一打 ミケルソン、3Wで右のラフ。ステンソン、3WでFW右サイドへ。
第二打 ミケルソン、ラフからナイスオン、ピン左奥へ。ステンソン、右手前ピン5mに。
第三打 ミケルソン、残4mをバーディー。ステンソン、残5mをバーディー。

No11 パー4 レイルウエイ
第一打 ミケルソン、DでFWセンターへ。ステンソン、3WでFW左のラフ。
第二打 ミケルソン、196Y6番でピン一直線だが、ピン奥に溢れる。
    ステンソン、グリーン手前にオン。残10m。
第三打 ミケルソン、奥から右に80センチ外してパー。
    ステンソン、弱く手前に2m。これを外して今日2つ目のボギー。
共に−16で並ぶ。

No12 パー4
第一打 ミケルソン、アイアンで右のラフ。ステンソン、アイアンでFWセンター。
第二打 ミケルソン、ひっかけて右の小山のラフに。ステンソン、ピン手前7mに。
第三打 アプローチで5m残す。ステンソン、7mを惜しくも外してパー。
第四打 ミケルソンが決めてパー。
依然共に−16。

No13 パー4
第一打 ミケルソン、Dで完璧なショット、FWセンターへ。ステンソン、Dで左ラフのファーストカットへ。
第二打 ミケルソン、ピン手前右5mにオン。ステンソン、ピン右8mにオン。
第三打 ミケルソン、カップ2センチ外してパー。ステンソン、カップをかすめてパー。

No14 パー3
第一打 ミケルソン、ピンの真横7mにオン。ステンソン、ピンの左5mにオン。
第二打 ミケルソン、右に切れてパー。ステンソン、フックラインを決めてバーディー。
ここで、ステンソン−17、ミケルソン−16になる。

No15 パー4 499ヤード最長パー4
第一打 ミケルソン、DでFWセンターへ。ステンソン、3WでFWセンターに。
第二打 ミケルソン、ピン手前7mにオン。スレンソン、グリーンを右に外してエッジに。
第三打 ミケルソン、右に切れてパー。ステンソングリーン外からパットでナイスインバーディー。
ステンソン−18、ミケルソン−16の本日初めて二打差に。

No16 パー5
第一打 ミケルソン、アイアンでFW右に。ステンソン、アイアンでFW左に。共にクリーク手前に。
第二打 ミケルソン、3Wでグリーン手前からナイスオン。グリーン左の深いラフへ。
第三打 ミケルソン、残10mを惜しくも2センチ残してバーディー。ステンソンは、完璧なアプローチでピン奥1、5m。
第四打 ステンソン、残1、5mを決めてバーディー。
ステンソン、−19。ミケルソン−17。

No17 パー3 221Y
第一打 ミケルソン、グリーンを左に外す。ステンソン、セーターをぬいでスーパーショットベタピン。
第二打 ミケルソン、打ち上げのアプローチ、土手に当たって、残4m。これをねじ込んでパー。
    ステンソンは、惜しくも左にはずしてパー。

No18 パー4 458Y
第一打 ミケルソン、3WでFWセンター。ステンソン、3Wでフェアウエイ右のフェアウエイバンカー手前50センチに。
第二打 ミケルソン、ピン手前10mに。ステンソン、ピン左手前5mにオン。
第三打 ミケルソン、フックラインを30センチ残して、パー。−17。
    ステンソン、最後のパットもねじ込んでバーディー。−20でフィニッシュ。

優勝は、ヘンリック・ステンソン、−20。これは、全英オープン最少スコアの更新となった。
しかし、ヘンリック・ステンソン40歳とフィル・ミケルソン46歳の2人の最終日だった。
この2人の精神力は、とてつもないものだった。
最後のパットは、神様が入っていいよと言わんばかりのパットだった。
ちなみに第3位は−6だった。

優勝賞金は、117万5千ポンド。

もの凄い勝負を見せてもらいました。これぞメジャーでした。