読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツ選手の横顔

スポーツで活躍している選手の横顔に迫ります

全英シニアオープンゴルフ2016 日本人選手と優勝賞金

f:id:prosports:20160725132430p:plain

(画像:GDO 女子インターナショナルクラウンで渡邉の応援に向かう日本選手)

シニアのメジャーである、全英シニアオープンゴルフ2016は、ポール・ブロードハースト(イングランド)が4バーディ、ノーボギーの「68」でプレーし、通算-11でシニアメジャー初優勝を遂げました。
2位に4つはなして首位でスタートした、ミゲル・アンヘルヒメネス(スペイン)はこの日75と崩れて、通算-8の3位だった。
二日目に首位に立った井戸木鴻樹は「77」で、通算+3の30位。崎山武志は通算+13の69位で大会を終えました。残念!
期待のベルンハルト・ランガーは、通算-4の9位。1975年のカーヌスティーの大会でメジャー初優勝したトム・ワトソンは、通算+1の27位でした。(すごいです、トム)

優勝賞金は約3000万円。上位の成績は次の【通りです。

1 位    -11       ポール・ブロードハースト
2 位    -9         スコット・マキャロン
3 位    -8         ミゲル・アンヘルヒメネス
3 位    -8         マグナスピア・アトレビ
5 位    -7         トム・バイラム
5 位    -7         ブラント・ジョー
7 位    -6         ジョー・デュラント
7 位    -6         ウェス ショート・ジュニア
9 位 -4         ビリー・アンドラ
9 位    -4         ベルンハルト・ランガー
9 位    -4         ピーター・ファウラー
12  位 -3         ケビン・サザーランド
12  位    -3         ジェフ・スルーマン
14  位    -2         トム・レーマン
14  位    -2         デビッド・フロスト
14  位    -2         スティーブン・ドッド
14  位    -2         スコット・ダンラップ

 

さて、今日は他のツアーの結果もまとめてご紹介します。

まずは、RBCカナディアンオープン。

三日目終わって首位の、スネデカーがスコアを伸ばせず5位。ダスティン・ジョンソンは、3つ縮めるも、惜しくも一打差の2位。優勝は最終日に8つ縮めたジョナサン・ベガスだった。
ジョナサン・ベガス?聞いたことない選手でした。
世界ランクは203位。米国賞金ランキング81位。フェデックスポイントランキング77位という、今回初優勝の選手?

まだまだ捨てたモンじゃありませんよね。こうした選手が出てきて、ポンと優勝して億金を掻っ攫っていくのですから、まさにドリームですよね。

優勝賞金は、106万2千ドル(約1億1千万円超)飛びぬけていますね。
ちなみに2位のダスティン・ジョンソンでさえも44万ドル約4600万円ですから。メジャーでなくてもレギュラーツアーでも稼ぎますよね。

上位の結果は次の通りです。

1 位    -12       ジョナサン・ベガス
2 位    -11       ダスティン・ジョンソン
2 位    -11       マーティン・レアード
2 位    -11       ジョン・ラーム
5 位 -10       ブラント・スネデカー
5 位 -10       アレックス・チェイカ
5 位    -10       スティーブ・ウィートクロフト
5 位    -10       リッキー・バーンズ
9 位     -9        ジャーレッド・デュトワ(アマチュア)
9 位     -9        マット・クーチャー
9 位     -9        ベン・クレーン
9 位     -9        ジェフ・オギルビー
14  位     14       ジェイソン・デイ

 

国内の、センチェリー21レディースゴルフトーナメントは、超接戦のすえアン・ソンジュの大会連覇となりました。

またしても勝てなかった、木戸愛。2週連続で一打差の2位。しかも2週とも、18番までもつれこんでの優勝逃し。

今回は、最終18番で、木戸、菊地、アン・ソンジュの3人が-8で並ぶ展開。14番までは木戸が-9と一つ抜け出していて、これで今週はいけるかなと思ったのですが15番でダブルボギーで、2位へ後退。プレシャーか、それとも心臓の弱さか。しかし、今回はがんばりました。続く16番で、グリーンエッジから執念のバーディー。

最後の18番は、アン・ソンジュの第二打がピン左80センチにつけられる。菊地は第二打グリーンオーバーで、第三打のアプローチが、カップ手前で右に切れて入らずパー。木戸の第二打は、カップ手前5メートル。これを外してパー。という結果でした。

終了後、泣きながら練習グリーンで5メートルのパットを何度も何度も練習していた木戸愛。次は勝てるよね。

ただ、木戸のほうが体格は大きくてスイングもフラットなのに、小柄な菊地やアン・ソンジュよりも飛ばないのは、やはり持ち球がフェードボールのせいでしょうか?

18番では、アン・ソンジュにドライバーで35ヤードもはなされていました。

優勝賞金は、1440万円。2位の木戸と菊地は632万円でした。

上位の結果は次の通りです。

1 位     -9         アン・ソンジュ    207     ¥14,400,000
2 位     -8         木戸 愛               208     ¥6,320,000
2 位     -8         菊地 絵理香          208     ¥6,320,000
4 位     -7         成田 美寿々          209     ¥4,800,000
5 位     -5         全 美貞               211     ¥3,333,333
5 位     -5         森田 遥                  211     ¥3,333,333
5 位     -5         O. サタヤ              211     ¥3,333,333
8 位     -4         シエラ・ブルックス    212     ¥0 (アマチュア)
8 位     -4         笠 りつ子              212     ¥2,000,000
8 位     -4         福嶋 浩子              212     ¥2,000,000
8 位     -4         下川 めぐみ          212     ¥2,000,000
12  位  -3         金田 久美子          213     ¥1,352,000
12  位  -3         香妻 琴乃              213     ¥1,352,000
12  位  -3         青山 加織              213     ¥1,352,000
12  位  -3         藤田 光里              213     ¥1,352,000

 

もうひとつ国内。男子トーナメントはあまり興味がないんだけど・・・。

ダンロップ・スリクソン福島オープンの結果です。

優勝は、時松隆光。すいません、よく知りませんでしたが、この試合、2日目の2位以外は首位を走る。三日目・最終日はほぼ独走状態での、ほぼ完全優勝でした。

優勝賞金は1000万円。4日間トーナメントで女子よりも優勝賞金が少ない試合でした。

上位の結果は次の通りです。

1 位    -25         時松 隆光          ¥10,000,000
2 位    -22         岩本 高志          ¥5,000,000
3 位    -20         小田 孔明          ¥3,400,000
4 位    -19         薗田 峻輔          ¥2,400,000
5 位    -18         周 興喆           ¥2,000,000
6 位    -17         任 成宰           ¥1,800,000
7 位    -16         大堀 裕次郎       ¥1,528,333
7 位    -16         増田 伸洋          ¥1,528,333
7 位    -16         稲森 佑貴          ¥1,528,333
10  位    -15         チャン キム      ¥1,160,000
10  位    -15         小田 龍一          ¥1,160,000
10  位    -15         海老根 文博       ¥1,160,000
10  位    -15         韓 承洙           ¥1,160,000

 

最後にもうひとつ、

イリノイ州にあるメリットクラブで行われている8カ国・地域代表の対抗戦「ULインターナショナルクラウン」の4日目、決勝のシングル戦進出を懸けたプレーオフが、日本、タイ、中国の3カ国計6人によるサドンデスのベストボールマッチで行われ、1ホール目の16番(パー5)で渡邉彩香がただ1人のイーグルを奪い、日本が決勝進出を決めました。

そして、シングルス・マッチプレーでの4試合。日本から出場の、第一試合、鈴木愛が2&1で敗退。第二試合、宮里美香は3&2で敗退。第三試合、野村敏京は韓国のエイミー・ヤンを3&2で下すと、第四試合では渡邉彩夏がホーリークライバーンを1UPで下し、日本の2勝目となりました。

 

さて、今週は最後のメジャー、全米プロ選手権がありますし、女子には全英リコー女子オープンがあります。

 

まだまだ目を離せない大会が続きますね。

また寝不足です。

がんばれ!日本!