読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツ選手の横顔

スポーツで活躍している選手の横顔に迫ります

全米女子プロゴルフ選手権 日本人の結果は?

f:id:prosports:20160613144126p:plain

(画像:ゴルフダイジェストオンライン6月13日(月)10時31分配信  )

 

最後までもつれ込んだ、今年の全米女子プロゴルフ選手権。

リディア・コーとのプレーオフの末、逆転優勝したのが、カナダのブルック・ヘンダーソン。

終わってみれば、世界ランク1位と4位の争いとなった今年の大会。

大会3日目終了時でトップに立ったリディア・コー。この大会に勝つと、昨年の「ザ・エビアン選手権」からのメジャー3連勝だった。

2日目終了時でトップだったが、三日目に2つスコアを落とし三日目終了時で4位、トップと2打差となったブルック・ヘンダーソンが最終日に-6をたたき出し、プレイオフリディア・コーを負かした。

逆転に次ぐ逆転というこの2人の対決が、4日間を通して見ものだった全米女子プロゴルフ選手権であった。

しかも、この2人はまだ10代。ブルック・ヘンダーソンは18歳、リディア・コーは19歳というから、驚きである。

なお、ブルック・ヘンダーソンは、この大会の優勝で世界ランク2位となった。

 

中でも、印象深いのは韓国勢の強さであろう。

リディア・コーは、国籍はニュージーランドではあるものの、生まれは韓国。さらに、今大会でも10位以内にさらに5人。4位タイの3人が韓国籍

4位タイ リー・ミリム

4位タイ リュウ・ソヒン

4位タイ パク・ヒヨン

7位   梁・熙英

8位タイ クレア・チョイ

さらに11位には、キム・セヨンが入っている。

個人の強さならまだわかるが、国としての強さがハンパない。

 

日本人は、唯一2人が決勝トーナメントに進出した。

結果は。。。惨敗だね。

宮里藍は、三日目に+6をたたいて後退、通算+8の39位タイ。

野村敏京は、最終日こそイーブンだったが、三日目までが悪く、通算+13の63位。

 

女子プロゴルフは、7月に全米女子オープンと全英リコー女子オープンの2つのメジャー大会が待っている。

 

その模様も、横から見た目線で探っていきますので、お楽しみに。

頑張れ、日本!